Gストーブ用のメガネ石作成。なかなか終わらぬ外壁張り。

なかなか終わらぬ外壁張り

前回に引き続き、まだ外壁を張っている。
場当たり的に考えながら作業を進めているせいか、なかなか終わらない。
それでも徐々に形になってきたので進捗を報告したい。

二人作業と言えども脚立が一つしかないため、高い箇所に下見板を張り付けるには工夫が必要である。
そこで、先達の知恵をお借りして缶詰のフタで治具をつくることにした。

顔が描いてあるように見える。

これをグニャと曲げて「己」みたいな形にする。

下見板に引っかける。

その上に張りたい野地板を乗せる。
これで先に片方を留めてから、もう一方を留める事で、一人でも下見板張りが出来るようになる。

西側を張り終えた。


野地板は裂けやすく、釘が節に当たるとパンッと割れてしまうので注意が必要だ。

屋根の勾配に現物合わせで野地板をカットして、張り付けていく。

途中、野地板が足りなくなったので買い足し、さらに塗装をした。


もう少しで全て張り終える。

薪ストーブ用メガネ石作成

ちなみに、薪ストーブを導入するためにあらかじめメガネ石を自作しておいた。
薪ストーブは開拓時に切った薪がまだ乾いていないため、本格稼働は来年からになりそうだが、小屋建築時にメガネ石を設置していおいた方が後々楽なので、今のうちに作成することにした。
今回、ウメさんの強い要望によりテントで使う小さいタイプの薪ストーブ、Gストーブを導入することにした。

少々お高いが、ウメさんのヘソクリ投入でなんとかした。
ブラックメタルの本場ノルウェーから遥々やってきた「G-STOVE HEAT VIEW」。


こいつは煙突パイプが約6cmと細く、一般的な薪ストーブの規格である106mmや120mmといったサイズの製品が使えないため、自作や工夫が要求されるのが難点である。
よって、メガネ石は自作となった。
まず、テント生活時に土台として使っていたコンパネの余りで型枠を組んでいく。


煙突パイプは適当な紙で包んだあと、ビニールでくるみ、養生用テープを巻いて、若干太めにして余裕を持たせて煙突穴を成形することにした。


そこへ、モルタルに耐熱のためパーライトを加えた、パーライトモルタルを流し込んでいく。

パーライト5L。モルタル空練り。パーライトは多孔質の軽石のようなもの。もろい。出来上がったモルタルにパーライトを加えた。練ればパーライトモルタル。

パーライトモルタルのレシピはMPC-132を参考にした。
なお、セメントと砂は基礎に使った余りを使用した。

パーライトモルタルのレシピ
セメント:砂:パーライト:水1/6袋(4kg):半袋(10kg):5L:3.5L

パーライトモルタルは砂の比率が少ない程もろいが、その分、耐熱性能は高い。
逆に、砂の比率を増やしていくと、頑健性は増していくが、耐熱性能は下がっていく。
今回作ったMPC-132は砂が多いレシピで堅めだが、耐熱性能は比較的低い。
しかし、普通のモルタルでも通常使いなら全然問題ないという話を聞いたので、より頑丈な配合であるMPC-132を採用した。
それでも、普通のモルタルに比べると若干強度が弱く、強い力を加えると割れてしまいそうだ(実験用に小さい板を作ってみたので、それで強度を確認した)。
なので、慎重に取り扱う事にする。


寒いので念のため二日間、床下で乾燥させた。

枠板を外していく。表はザラザラ。裏はつるつる。


小屋に設置する。
メガネ石と枠の間に隙間があったので、合板の切れ端を詰めて、シリコンでシーリングした(大工さんに教えてもらった)。


これで、とりあえずメガネ石は設置出来た。
後日薪ストーブを導入してみよう。

今日の風景


大分葉が落ちてきた。
日の角度が変わって冬場はソーラー発電キツいかもしれないと思っていたのだが、葉が落ちたお陰で日が入るようになってきた。
スマホの充電ぐらいなら冬でも大丈夫なのではないだろうか、と期待する。


ちょこちょこ棚を作っている。


缶詰置き場となった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しゅんてん より:

    外壁完成までもう少しですね。
    外観がオシャレに見えます。
    薪ストーブもかっこいいですね!
    その薪ストーブをYoutubeで見て「外国の薪ストーブはかっこいいな」と思っていました。
    https://youtu.be/nhd8iLYDtB8?t=1873

    • mikijiro より:

      最高の動画ですね。
      ハンバーグにチーズをのせるシーンで、その豪快さに思わず笑ってしまいました。

  2. 千葉県民 より:

    いかにも「理系」って感じの小屋でカッコイイと思います。

  3. タカ より:

    はじめまして。
    自分も今年の10月から山に住み取り敢えず小さい仮小屋(3畳程度)を建てて住んでます。
    素敵な小屋を建てられてて本当に尊敬します!
    自分はかなり適当なもので^^;

    あと薪ストーブですが割って皮むいてある程度(1週間ぐらい?)乾燥させて使っちゃってます。
    あんまり良くはないとは思いますが意外と燃えますよ(^^)

    • mikijiro より:

      お~同志ですね、親近感が湧きます。
      いえいえ、実物は大したことないですよ~。
      というか、建てるのめっちゃ早いですね!

      薪ストーブ、すすとかヤニが出やすくなるくらいで普通に使えるみたいですね。
      今度試しに使ってみようかな~と思っています。