屋根合板張り。

床ビス打ち増し

昨日も雨だったので、以前墨付けをしておいた床のビス打ち増しをした。
前は合板の縁を留めただけだったので歩くと若干沈む感じがあったのだが、打ち増し後はそれがなくなり、少し頑丈になった気がする。
小屋の骨組みが出来たので雨でも作業が出来るようになった。
ただ、いつものように電気不足なので電動工具はすぐに使えなくなってしまう。

泥はね応急処置

屋根から水が落ちる箇所をなんとかしないと、雨の度に足場が泥だらけになってしまう。


とりあえず、溝を掘って段ボールを立てかけておいた。
玉砂利とか敷いた方が良いのだろうか。
屋根を張ったら、雨樋を早々に設置して雨水タンクを導入してもいいかもしれない。

屋根の外周ペンキ塗り

今日は午前中、雨が止んだので屋根の外周部分に木部保護塗料を塗ることにした。
軒下に突き出た垂木や根太は後で塗料を塗る事ができるので良いのだが、パネルの外周部分はルーフィングを少し折り込む予定なので、先に塗っておいた方が良いと判断した。


余っていたカンペハピオ木部保護塗料を塗っていく。
塗っている最中にお天気雨に降られ、雨じまいをしたお陰でブルーシートがペンキで汚れてしまった。
お天気雨の癖にどしゃ降りで床なども結構濡れた。
山手の天気はわからん。

屋根合板張り


ペンキを外周に塗り終えたので、屋根に合板を張っていく。
屋根に張る合板もよくある12mmの針葉樹合板を選んだ。
9mmのように薄い方が良いという話も聞いたが、入手しやすい汎用品である12mmにした。


治具を固定し、屋根から合板がずり落ちないようにする。


屋根の上に合板を引き上げて、治具に当てつつ微調整。

38mmのコーススレッドで留めていく。
なお、あらかじめ根太が入っている箇所がわかるように合板に軽く墨を付けておいた。
最初の一本のビスを留めると、結構安定する。


屋根パネルに若干のズレがあるせいで根太にビスを打ち込むスペースが少ない箇所があり、ビスが突き出てしまう事が何度かあった。
しかし、場所を変えて打ち直すと穴が空いてしまうので、ビスを斜めに再度打ち込むことで対応した。
屋根のビス打ちは体勢的にキツいことが多いので、ズレたり打ち損じる事が多々ある。
よほどヒドい場合以外は、雨漏り防止のために穴を増やしたくないのでやり直さない方針で作業した。

また、今回は作業効率重視で下穴を空けずにビスを打ち込んでいったので、合板の端が割れる事もあった。
防水はルーフィングに期待することにして、あまり神経質にならずに進めていく。


私は高いところはどちらかといえば苦手なのだが、ウメさんは全然そんなことはないらしく、ヒョイヒョイ合板の上に乗ってビスをバシバシ留めていってて頼もしかった。
屋根での作業は地下足袋が良いらしいが、前に仕事で使っていた静電靴(ほぼ普通のスニーカー)を使用した。


面戸板上部に隙間がある。あとでコーキングしよう。


段々、家っぽくなってきた。


日暮れギリギリで全ての合板を留め終えた。


ぴったりハマっている箇所はキレイだが。


ズレている箇所もある。
歪みがあるせいで最大で5mmくらいのズレとなった。
ルーフィングを張るのには特に支障がなさそうだったので、これで本日の作業終了とした。
屋根は全部で10枚合板を張った。
ロフトが無い側の作業は脚立頼みなので結構大変だった。
明日はアスファルトルーフィングを張り、横桟木を固定する予定だ。
ガルバリウム波板を張るところまでいけたら最高だが、それは進行具合をみて決める。
また明後日くらいから雨が続くらしい。
屋根さえ張ってしまえば濡れる心配は少なくなるので、ペースを落としてじっくりと建築を進めることが出来るようになる。
次の雨が降る前に是非とも屋根を完成させたいところだ。

屋根への昇降口はハシゴ。


合板を置いただけのロフトで横になりながら、小屋の出来上がりを想像する。
気が付いたら辺りは真っ暗になっていた。

雨水利用


最近は雨が多いため、ブルーシートで集めた雨水だけで生活用水をまかなっている。
そのため、3週間以上沢水は汲んでいない。
小屋が出来たら、ドデカい雨水タンクを設置して、もっと沢山雨水を使えるようになりたい。
ちなみに雨水には塩素をいれて長持ちさせている。

夕食は鍋


今日は久々に鍋を食べた。
明日への活力が湧く。
屋根作り頑張りたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. コウ より:

    一気に作業が進みましたね。
    小屋建設は1人より2人の方が断然効率が良いようですが
    そのあたりのお陰もあるのでしょうか。
    早く屋根・壁ができるといいですね。

    • mikijiro より:

      やはり高所作業などは二人だと大分効率が良いように思います。
      朝晩冷え込むようになってきたので早く屋根、壁を作って引っ越したいですね。