壁パネル立ち上げ完了。

床面の墨出し

以前、床に張った合板だが、縁にしかビスを打ってなかった。
しかし、根太が入っている箇所には全てビスを打ち込んで、固定しておいた方がタワミ防止のためには良いらしい。
ビスを増やすのは後でやるとして、根太の位置がわからなくならないように墨をつけることにした。


先日購入した墨ツボ。
別売りである建築用の墨を補充する。


先っぽにハリ(カルコ)が付いているため、それを引きたい線の端の箇所に刺して固定し、糸をピンと張ってから指でパンッと弾くと床に墨がつく。
これで根太の位置を墨出ししておく。


こうしておけば後でビスを打つときに一目でどこに打てば良いのかわかるので、パネルを立てる際にも便利だ。

壁パネル立ち上げ

一通り床に墨付けをしたので、いよいよパネルを立てていく。
予報では一応、数日は雨が降らないらしいので、思い切ってやってみることにした。


さっそくパネルを立ち上げる。


クランプで固定しつつ、ビスを打ち込んでいく。
75mmのコーススレッドで床面に固定していった。


束柱が入っている箇所はしっかりと固定できるので多めにビスを打って留めた。


水平器でも一応確認し、真っ直ぐにパネルが立ち上がっているかをチェックする。
順番にパネルを立てていく。


パネルとパネルをつなぐ角の部分だが、何もしないと結構ズレている。


クランプで固定しつつ、角をきれいに合わせてビス留めしていく。


下の壁パネルを立て終えた。
一つパネルを立ち上げただけではグラグラして不安定だが、続けて他のパネルを立てる度に強度が上がっていくのがわかった。
しかし、まだ枠組みだけなので押すと多少グラつく。
やはり、ツーバイフォーは面で強度を出す工法なので、合板を張らないことには剛性が担保されないのだろう。

東西上パネル立ち上げ

下のパネルを立て終えたので、続いて東西上パネルを取り付けた。
頑張って壁パネルの上まで引っ張り上げて、クランプで固定しビス留めしていく。


東上パネルの高さは1365mmであり、そこそこ大きいため持ち上げるのが大変だった。


下パネルとの接続は65mmのコーススレッドを使用した(75mmだと突き出る)。


なるべく多くのビスを使用し、強度を出すように心がけた。


脚立は7尺(2100mm)のものを使用した。はしごにもなるのでもっと高いところでも使える。


これで壁パネルを全て立て終えることが出来た。
秋晴れのいい天気の中、作業が進んでとても気分が良かった。
しかし。。。

突然の雨

日暮れまでまだ時間もあったので、ロフト部分の足場を固定し始めたところ、冷たい風が吹き始め、辺りは急に暗くなった。
頭上を見上げると黒雲。
顔にポツリ、ポツリと冷たいしずくが当たる。
あ、雨だ。と思う間もなく、どしゃ降り。


急いで、ブルーシートをかける。
ビチャビチャに濡れた床を拭きながら、地道にブルーシートで養生していく。


にわか雨なので、長くは続かないだろうと希望的観測にすがる。
しかし、まだ屋根を張っていないので、中央部のブルーシートがたわみ、水がどんどん溜まっていってしまう。
これはどうしたものかと頭を抱えていたら、お隣さんが「大丈夫か~?」と様子を見に来てくれた。
すると、いいものがあるから待っててといって、何やら先がT字のつっかえ棒のようなものを持ってきてくれた。


聞けば、トンボと呼ばれる道具で、天井に合板を張るときなどに落ちてこないように固定するためのものらしい。
端っこにバネが付いていてうまい具合につっかえることが出来る。
これでブルーシートを持ち上げて、水が溜まらないようになった。
お隣さんには助けて頂きっぱなしである。

執念のロフトづくり

雨じまいも一段落したので、ロフトづくりを再開した。
最近はずっと雨続きで作業が進まなかったので、その恨みを晴らすかの如く執念のロフト張りである。


東西上パネルに立てたツーバイ材を渡していく。後日、足場として合板を張る予定だ。
途中、蚊の猛攻を受けながらも半分を張り終えることができた。
暗くなったので作業終了。
今日はだいぶ進んだのでとてもうれしい。
一日中楽しかったし、遠くから小屋の骨組みを眺めて良い気分になった。
幸い、夜には雨も止んだ。
明日は晴れたらロフト張りの続きから始めて、屋根の垂木を張っていきたい。
もう引き返すことは出来ないので、前進あるのみである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. コウ より:

    いつもワクワクしながら拝見しています。
    自然を相手に想定外の事もあるでしょうが
    これからも頑張ってください。

    • mikijiro より:

      ありがとうございます、うれしいです。
      自然は手強いですね~、まだ雨すら読めません。
      これからも頑張ります。

  2. 応援者 より:

    とても興味深く一気に読ませて頂きました。
    引き続き頑張ってください!
    応援しています(^^)

  3. 裏山 より:

    出来上がった小屋を買おうかと思っていましたが、工程が一つ一つ参考になり
    自分で立てるのもいいかなって思ってきました
    これからも頑張ってください。

    • mikijiro より:

      ありがとうございます。
      これからどうなるかわかりませんが、今のところ小屋作りはとても面白いです。