念願の秋晴れ。木材カットと屋根材買い出し。

雨続きで体調を崩す

昨日までは長雨で全く作業できなかった。
しかも、急激に寒くなったせいで寒暖差に弱い私は体調を崩してしまった。
毎年、季節の変わり目は具合悪くなりがちなのだが、今回は胃腸の調子が乱れて少し熱が出た。
1日寝ていたらすぐに良くなったのだが、雨続きで気分もふさぎがち。
ひたすら読書をして晴れを待つ日々を過ごした。

念願の秋晴れ、バッテリー上がり

今日は念願の晴れ。


雲が高く、気持ちがよい秋晴れだ。
さっそくソーラーパネルでバッテリーを充電する。
最近は曇り続きだったのに建築を進めようと無理に放電を繰り返したせいで、バッテリーが上がってしまい、80%以上は充電されなくなってしまった。
カーバッテリーを選択した時点で、はじめからこうなるのはわかっていたが、どの程度無理に放電するとバッテリーが上がってしまうのか、良い勉強になった。
次は深放電に強いディープサイクルバッテリーを買うことにする。
幸い晴れの時になら電動工具の充電はできるので、しばらくはなんとかなると思う。

屋根、ロフト木材カット

充電を終えたので、屋根の垂木と面土板、根太とロフトに使う木材をひたすらカットしていく。
屋根とロフトは使う木材の数も多く、全て切るのにはなかなか時間がかかる。


ようやく、全て切り終えた。
雨が心配なので晴れが続く時に屋根まで一気にやってしまいたいと考えていたのだが、濡れる事を気にしていてはいつまで経っても小屋を建てられない気がしてきた。
完璧なコンディションを待つのではなく、いけそうなときに強行するするくらいのスタンスが必要なのかもしれない。

屋根材買い出し

一通り木材を切り終えたので、屋根材の買い出しにいった。
屋根材はガルバリウム波板を使用する予定なので、7尺のものを16枚買った。
また、桟木(ルーフィングの上に張り、ガルバリウムを固定するための横木)として30×40mmマツ材(約2m)を24本と、他にも墨出し用の墨ツボやコーススレッド、スリムビスも併せて購入した。


ガルバリウム波板、一枚3.5kg以上あり、重ねると意外と重い。
持ちにくい上に、ぶつけるとすぐにひしゃげてしまうので要注意だ。
在庫をそのまま購入したせいもあって、よく見ると、端や角の部分が曲がったりしている。
あとでペンチで修正しつつ使うことにする。

材料が揃った

とりあえず、屋根を張るまでの材料が揃った。
後は思い切ってパネルを立ち上げ、骨組みを建て始めるだけだ。
自分で始めた事ながら100Wのソーラーパワーだけで小屋を建てるのはやはり超面倒くさい。
ガンガンに晴れてくれないと作業が途中で中断するのは目に見えている。
しかし、雨続きでテント内部も大分カビてきている。
はやく小屋に住みたいので、思い切って建て始めるしかない。
雨が降ってきたら、ブルーシートで何とかする。

今日の風景

キノコだらけ。


やはり小屋が濡れたらキノコ生えてくるかもしれない。

もみじが若干色づいてきた。

紅葉が楽しみだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

    • mikijiro より:

      こんなにキノコが沢山あったら食べてみようかなって思うのですが、流石に外したら文字通り致命的なので躊躇しています。
      雨の日のキクラゲはかなりデュルデュルです。