南側パネル作成。

南側パネル作成

今日は朝から丸ノコでひたすら南北パネルの木材を目的の長さに切り揃えた。
昨日までの天気予報では数日間晴れが続くはずだったのだが、急に予報が変わって明日は雨になるらしい。
そして、しばらくは曇りや雨の日が続くようだ。
今朝は晴れていたのだが、昼前からは曇り空になってしまった。
これではソーラー発電も期待できない。
また、非常に湿度が高く、洗濯物を一日中干していたのだが、全く乾かない。
カラッと晴れが続いて欲しいのだが、そんな贅沢も言ってられない。
関西方面は台風での被害がひどく、北海道では大きな地震があったという。
異常気象続きの列島において、この吹けば飛ぶようなテント生活が成立しているというだけでも幸いというものだ。

とりあえず、切り終えた木材を使って南パネルを組んでいく。

南パネルにはドアと薪ストーブのメガネ石を設置する予定だ。
ドアは少し小さめにして、かがんで入るようにしようかと思う。
お隣さんに教えていただいたのだが、小屋自体が小さいので、それに合わせてドアも小さくした方がバランスが良いとのこと。
ちなみに、いわゆる茶室の入り口(にじり口)はかがんで入るように小さく作られているが、それは狭い空間の魅せ方の工夫(武士が帯刀したままでは入れないように、という説もある)でそういったつくりになっており、ところによると畳の縁のサイズまで若干小さくしてあるらしい。
日本の美、精神性を感じる素敵なエピソードだ。


南パネルを一通り組み立て終えた。

ドアの開口部はもう少し補強する予定だ。


これで、下部分の3面が揃った。
次は北側パネルの組み立てだ。

北パネル

東西上パネル

屋根

上記の順番で作業を進める予定だ。
晴れが続くようなら、一気に屋根まで張ってしまいたいのだが、しばらく天気が悪そうなので、少しづつパネルを組み立てていくことになりそうだ。

今日の風景


軸がぶっといキノコがあった。
洗濯物が乾かないジメジメした山林はキノコ天国。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする