残りの床下根太張り。余分な束柱をノコギリで切断。

待ちに待った晴れ

昨日は終日雨続きで作業は進まなかった。
湿気が全てを駄目にしていく。


連日の雨でついにテントがカビ始めた。
はやく小屋を建てなければという焦りはあるものの、それも天候次第である。

今朝はようやく待ちに待った晴れが訪れた。
ここぞとばかりにソーラーパネルを引っ張り出して充電開始。
晴れてくれないとスマホも使えないし、電動工具も動かない。
しかも、あらゆるものがカビていく。
今日は幸い快晴、充電日和だった。
太陽神、ラーでもアマテラスでもスーリヤでも大日如来でもなんでもいいがとにかく感謝である。

根太張りの続き

早速、根太張りの続きを行っていく。

斜め打ちのビスが被らないように、端材にペンで印をつけた治具的なものを使って作業すると楽。
やはり根太の長さがギリギリでキツい箇所はいくつかあって、ゴムハンマーで叩き込んでいたら根太にヒビが入ってしまった。


とりあえず、ボンドで修正してなかったことにした。
少し力任せに打ち込みすぎたので反省。

針葉樹の2×4材と言えども節がある部分はやはり固い。
ちょうどビスを打ち込みたい箇所に大きめの節があった。
下穴をしっかり空けたら大丈夫だろうと高をくくって、ビスを打ち込んだらなんと途中で折れてしまった。


これは回収に困る。
ペンチで回してもビクともしない。
仕方がないので、カナヅチで何度か上下に叩いて根元で折ることにした。


無事に折れたので、穴はボンドで埋めた。


節とかぶらないギリギリの箇所を見つけてビス留めしておいた。
節は侮れない。


おおまかな根太張りが終わった。

余分な束柱をノコギリで切断

続いて、サンドイッチした束柱の突き出た部分をノコギリで切っていく。
これはDIY雑誌ドゥーパに書いてあった方法なのだが、正直ちゃんと切れるのか不安だった。


とりあえず、Zソーを使って切り込んでいく。


土台も結構傷ついてしまったがなんとか切れた。
どうせ合板を張って見えなくなるのだし、気にせずにいく。
もしも、気になるようであればあとで防腐塗料を塗り直せば良いと思う。


切り終えてみると、概ねうまく切れたようで安心した。
これなら合板が張れそうだ。

切り落とした束柱の廃材。

使い道に困る。

今後の作業

・合板を打ち込む箇所に、さらに根太を張る。具体的には中央に一列。
・補強材として根がらみを固定する。
・断熱材としてスタイロフォームをカットして入れていく。
・合板を張り、床下完成。
以上の流れで今後は進んでいく。
床下が完成したら、雨除けブルーシートに水たまりが出来ることも無くなるし、ちょっとした資材を置いたり、パネルの組立なども床で行える。
大分作業しやすくなるはずだ。
晴れが続くことを太陽神に祈る。

今日の風景

大分前に植えたシソ。

日陰だが結構元気。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする