束石設置開始。

朝、束石設置場所のマーキングの続きからスタート。
午前中には全ての基礎穴に印づけを完了した。
最近は天気が不安定で、天気予報とは裏腹に突然雨が降ってきたり、逆に全く降らなかったりで翻弄されている。
今日も午後から雨が降る予定だったのだが、どうも降らなそうだったので急遽、束石置きを断行することに。
束石を置いた後はモルタルが乾くまで静かにしておかなければいけないので、読みが外れたら最悪だ。

まず、モルタルを練る。


少し固めを意識して水を少な目にこねた。


また、モルタルと接着しやすくするため、あらかじめ束石と基礎面を水に濡らしておく。


そして、基礎面にモルタルを数センチ盛り、マーキングしたガイド線と水糸に従って束石を設置していく。


この時、水平器を用いながら、ゴムハンマーで叩きつつ修正していく。


ゴムハンマーは束石の下方向に向かって叩き、決して束石を上に持ち上げてはいけない。
持ち上げたらモルタルとの間に隙間ができてしまい、強度が無くなってしまうためだ。
ゆっくりと慎重に行っていく。

とりあえず、一つ目がうまくいった。
モルタルはこねた分全て使い切らないと固まってしまい、無駄になってしまう。
しかし、思っていたよりも一穴に必要なモルタルの量が少なかったため、モルタルを使い切るために暗くなるまで束石設置を行った。
そのお陰で大分捗り、全体の半分(6個)まで終えることができた。
この調子で束石を設置したら、さらにモルタルを流し込んで、ようやく床下の制作に取り掛かれる。
木工が楽しみで仕方がない。

小屋の床部分なのだが、4×4材を束柱(90角)に12本使用し、束石の上に立てる予定だ。
そして、ウッドデッキなどでよく用いられるサンドイッチ工法により2×6材で束柱を挟んで、床下部分を作っていく。
このやり方だと、床面の水平レベルは束石の状態でとる必要はなく、この束柱をサンドする時に確認すれば良いので初心者でもやりやすいらしい。
ただ、この工法では重さが全て2×6材を止めるビスにかかってしまうので、強度に心配がある。
そのため、補強材やビスを多めに留めるなどして対応するのが一般的なようだ。

まずは雨が降らない事を祈る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする