ソーラーボックス改良。役所関連届け出。

朝、薪割りからのスタート。
段々慣れてきて、力を入れずともスコーンと割れるようになってきた。
大量にある薪を毎日少しずつ割っていこうと思う。
うまく真っ二つになると結構気持ちがよい。

遅れていた離職票がようやく届いたので、役所へ届け出に行った。
いちいち遠いので原付ではなんだかんだ一日仕事になってしまう。
外に出ると大抵何時間も運転してるので、カブの運転は大分うまくなってきた。
というか、カブに乗るのが最近とても楽しい。
夏全開の田舎道を走っていると非常に気分が良いし、今を生きてる感が味わえる。
ついでにホームセンターを巡って下見をしたり、生活用品の買い出しを済ます。
次の作業は水盛り遣り方なのだが、束石設置までは一気にやってしまいたい。
資材を毎回買い出しに行くのでは効率が悪いので、まとまった作業単位で必要になるものをあらかじめ洗い出して、作業を中断せずに済むようにしたい。
なんだかんだで気づいたら今日も夕方。

帰り道、散歩中のご近所さんにバッタリ出会う。
なにやら、興奮気味におもむろに取り出したデジカメの中身を見せてくれたのだが、そこにはなんと熊が映っていた。
聞けば、今日ご近所さんの庭に現れたのだそう。
役場にはすぐに通報したらしいが、対応してくれるかは不明だという。
体長50cmほどの小柄な熊だったらしいが、熊は熊。
気をつけるようにとの事。
こちらのご近所さん、結構な年輩の方で毎日杖をつきながら散歩をしているのだが、よくみたら杖ではなくゴルフクラブ。
護身用で熊が来たら戦うためらしい。
いや、それはちょっと無理があるのではないだろうか。
しかし、思い返してみれば他の近所の方もゴルフクラブを持って散歩していた。
熊よりもこの隣人たちの奇妙な風習に不安を感じる。

帰宅後、ソーラーボックスにマイナーチェンジを施した。


ソーラーボックスの中にあるチャージコントローラーなのだが、両面テープで壁面にくっつけてもボックス内が熱くなるとすぐに剥がれ落ちてしまうため、しっかりネジとナットで固定することにした。
チャージコントローラーにあらかじめ空いている固定用の下穴が3mmだったので、M3サイズ(3mm用)のネジとナットを購入した。


ピンバイスでボックスの方にも下穴を空け、チャージコントローラーを壁面に固定した。
また、ボックス内に引き込んだMC4ケーブル(パネルとチャージコントローラーを繋いでいる)の周りをすきまパテで穴埋めしていたのだが、ケーブルが動く度にずれてしまうのでシリコンシーラントでしっかりシーリングすることにした。


見た目は悪いが水が進入しなければ良しとする。

建築作業が開始したら走り抜けるだけだが、準備期間の停滞はなかなかもどかしいものがある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする