チェンソー試運転、玉切り。

朝、早く起きてゴミ出しとコインランドリーで洗濯。

笹を払ったので日の入る場所で洗濯物が干せるようになった。
週に一度の洗濯で生活は回っていくのだが、若干服が足りない。
以前は少ない服の数で回っていく暮らしをしていたのだが、このテント暮らしにおいてはこまめに洗濯するのはコストがかさむので必然的に必要な物の量が増えてくる。
そろそろ作業着の買い出しに行きたい。

木の枝と段ボールで芋を茹でる。
ネイチャーストーブ、大分使いこなせるようになってきた。
通販を利用して色々買っているので段ボールが大量にあり、燃料には困らない。

今日もまた暑い。
12時~14時の間は全く仕事にならない。じっとしていても汗が止まらないので、消耗する。
暑さのピークタイムは熱中症の危険性があるため、原付であちこちうろうろしながら買い出しをして時間を潰した。

暑さのピークを過ぎ、チェンソーの試運転がてら、この前に倒した細めの木を玉切りすることにした。
チェンソーにチェンソーオイルと混合油を充填する。
混合油はガソリンと2サイクルエンジンオイルを50:1で混ぜる(ちなみに刈り払い機は25:1)。


チェンソー起動。
以前、チェンソー教習で習った通りの手順でひとつひとつ進めていく。
まずは、アイドリングをし、暖機。
次に、エンジンをふかしながらガイドバーを丸太に近づけて、チェーンオイルが飛んでいるかどうかを目視で確認する。
これによりオイルがチェーンを潤滑しているかどうかがわかる。
オイルがちゃんと行き渡ってないとガイドバーとチェーンの焼け付きに繋がり、すぐに使えなくなってしまう。
いよいよ、切断。


丸太の下に枕木を置き、少し高くすることでチェーンが地面と触れるのを防ぐ。
高速回転しているチェーンが地面と触れると一発で刃が駄目になってしまうので注意が必要だ。


思い切りふかして丸太に対して垂直に刃を下ろしていく。
バターのように切れた。
枕木の位置をずらしながら次々と薪の長さを見据えて切断していく。


玉切り終了。
細めの木だったが結構な量になった。


切った丸太は一輪車に乗せ、一時保管場所へ移動しておいた。
薪置き場を作ってオノが届けば薪割りができるようになる。

日も暮れたので作業終了。

テント暮らしの風景。

パンのようなキノコがあった。触るとふわっふわ。

ブルーシートに毛虫のフンの山。
最近は少しずつ毛虫が可愛く見えてきた。

ペール缶焼却炉、穴を大きくしてブロックで底上げしたら良く燃えるようになった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よぴよん より:

    こんにちは、いつも楽しく拝見させていただいております。

    当方、チェンソー、刈払機専門店に勤務している者です
    混合燃料について気になったのでコメントさせて頂きます。

    混合燃料の混合比率は、使用混合オイルによります。
    50:1で使用する場合、50:1用混合オイルを使用する必要があります。

    ご購入された混合オイルが「50:1用」か「25:1用」かわかりませんが

    ハスクバーナ135eの説明書に記載されている「1:50」とは
    純正の「ハスクバーナ2サイクルエンジンオイル1:50 」を
    使用した場合の混合比率です。

    ↓このサイトの「2サイクルエンジンのオイルによる故障等」
     が参考になるかと思います。
    https://kikaim.com/kyutuenya.html

    • mikijiro より:

      おお!ご専門の方なのですね、ありがとうございます!
      リンク非常に参考になりました。
      今使っている2サイクルエンジンオイルは一般メーカーの汎用品で、FDグレードの50:1に最適、25:1、40:1にもつかえるよという商品でした。
      リンクを見たところ、刈り払い機にはこのオイルだと濃すぎるかも知れませんので心配ですね。
      よって、エンジンオイルはそれぞれ用意することにしようと思います。
      やはりハスクバーナのオイルは純正品が良いですよね。
      ケチって壊れてしまったら修理費の方が高くつきそうなので検討してみます。

  2. よぴよん より:

    こんにちは

    ちゃんとした混合オイルであれば、
    ハスクバーナ純正オイルでなくても大丈夫です
    あまり安いものは要注意ですが

    オイルは多種多様で一見して品質はわからずあり迷ってしまいますが
    純正オイルなどは通販より実店舗のほうが安い場合が多く
    お近くの専門店で確認して購入なさるとよいかと思います。

    とにかく、一番まずいのは25:1用オイルを50:1の比率で使用することです
    ご注意ください。

    お使いのオイルは
    50:1用オイルで50:1で混合して
    25:1,40:1と指定されている機械にも使えるという意味だと思われますが
    オイルメーカーに確認してみてはいかがでしょうか

    • mikijiro より:

      純正オイルなどは実店舗の方が安い場合が多いんですね、勉強になります。
      使用するオイルとその混合比率には、今後はより気をつけようと思います。
      詳しくありがとうございました。