各種届出と資金集めの状況、開拓に必要なもの

土地取得後は色々な届け出が必要

新たに森林の土地を取得したものは、森林の土地の所有者届出書を役所に提出する義務があるという。
これは国が森林の土地の所有状況を把握するために平成24年度に定めた制度らしい。
なので、まずはこれの申請をしなければならない。

以下、林野庁のHPからの引用。

森林の土地の所有者届出制度
平成23年4月の森林法改正により、平成24年4月以降、森林の土地の所有者となった方は市町村長への事後届出が必要になりました。

届出対象者
個人、法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方は、面積に関わらず届出をしなければなりません。
ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出している方は対象外です。

届出期間
土地の所有者となった日から90日以内に、取得した土地のある市町村の長に届出をしてください。

届出事項
届出書には、届出者と前所有者の住所氏名、所有者となった年月日、所有権移転の原因、土地の所在場所及び面積とともに、土地の用途等を記載します。添付書類として、登記事項証明書(写しも可)又は土地売買契約書など権利を取得したことが分かる書類の写し、土地の位置を示す図面が必要です。

ちなみに、この届出をしないと最高で10万円以下の罰金が科されるそうだ。

さらに、我々の土地は森林共生区域内にあるので、立木の伐採許可や事前の申請が必要である。
森林共生区域は市のまちづくり条例で定められていて、森林と建築物の調和を図り、景観を守ることを目的としており、なるべく木を切るなというお触れでもある。

ユニークなのは
・最低保有敷地面積は500平方メートル以上。これより小さい土地は買えない。
・土地の緑化率30%以上。木を切りすぎてはいけない。立木の伐採には届け出が必要。
という点。

このまちづくり条例は近年頻発している外国人による地方の大規模な土地買占め問題や企業等による野放図な土地開発などに対処するために制定されたのだという。
これは、水源や森林地域の土地所有の実態を把握し、なるべく環境に配慮した土地の使い方を奨励する市の条例でとても良い取り組みだと思う。
中には、彩度の低い塗料を使ってなるべく目立つ建物をつくるなとか、電飾つけるなとか、個人的には好感が持てる決まりがあって面白い。

また、この土地の周辺では縄文時代の遺跡が発掘されたことがあるらしく、埋蔵文化財が出土する可能性があるそうで、工事する前には事前に試掘調査などをするそうだ。

これは文化財保護法第93条に規定されており、工事着手の60日前までに県の教育委員会に届け出が必要らしい。
ちなみに、文化財が出土した場合を想定して、その所有権を放棄する署名を書かされるそうだ。

色々と届け出が必要で、正直面倒くさいが後々トラブルに発展するのも嫌なので、逐一役所に報告しながらやっていこうと思う。

資金集めの状況と開拓に必要なもの

資金集めは今のところ順調で共働きで月々最低でも20万以上の貯金が出来ているので、そろそろ開拓準備を進めなければいけない段階にきている。

はじめはテント暮らしをしながら、草刈と伐木をし、ある程度土地をならすところが最初の目標地点だ。
なので、まずはテント暮らしに必要なものを揃えて、拠点をつくるところから始める。
とりあえず、移動手段、電源確保のためのソーラーパネルシステム、テントと食料、コンポストトイレ、草刈り機、インパクトドライバー、チェーンソーあたりを確保しなければならない。
色々とオフグリッドライフでやりたいことがあるが、まずは優先順位の高いところから固めていって、徐々に手を広げていこうと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする