ついに土地の契約をした。

土地を手に入れた

結論から言うと、200万円弱の予算で山林の約400坪の土地を手に入れることができた。
土地探しの予算は200万、場所は山梨県。
大まかに言って、こちらの記事で書いた通りの土地を見つけることが出来た。

理想の土地とは 土地探しの際、まずどんな土地を探したらよいのだろうか。 自分が理想とする、こんな土地を探している、という条件を考えてみた...

ないものねだりはよして、あらかじめ理想の土地を相場と照らし合わせて、そこから予算設定して絞っていたので、あまり迷う事なく見つけられた。
運よく一件目で即決。

どんな土地なのか

現況の地目は山林。固定資産税は今のところゼロ。
坪単価5000円程度と周辺の相場からすると安めなのは土地の起伏が激しく、巨岩がゴロゴロしているためだ。

撤去するのは不可能なレベルの大きさの岩がゴロゴロしている。

ただ、なんとか小屋が建てられそうな比較的平坦なスペースが少しあった。

笹が生い茂っているので、これも刈らなくてはならない。
しかし、小屋を建てることは可能だと思われる。

周りはあまり人気がなく、かといって山奥ではない。
セカンドハウスが点在する旧別荘地の近くの場所で、土地自体が秘密基地とか作れそうな雰囲気がある。
実際、周辺には数人で資金を出し合って土地を購入し、休日の遊び場を作っている人たちもいるようだ。
近くに、飲み水を汲める場所がある。農業用水や川も流れているようだ。


日当たりは雑木林の中の土地なのであまり良くなく、ソーラー発電がちゃんと機能するか心配。
電波も貧弱なので、通信環境も不安ではある。
都市計画区外だが条例による制限は多少ある。
といっても、大規模な土地開発を制限するような条例なので、個人で小屋を建てるレベルではそこまで妨げにはならないだろう。

今後の予定

いまはまだ、ただの雑木林で、開拓には伐木が必要だ。
かといって、それほど太い木はなく、自力でチェーンソーを使って切れるかもしれない。
まずはチェーンソー講座を受けなければ。

100坪ほど開拓して、開拓した土地だけ分割評価してもらう方向でいきたい。
不動産屋に相談すると、その場合、分割評価してもらう土地だけは柵で囲わなくてはいけないかもしれないと言われた。
そうすれば、その他の土地は現状の山林のままで、開拓した100坪の土地だけ、宅地やら雑種地の評価にしてもらえるかもしれないという。
さすがに、400坪の宅地課税は避けたいところ。
まあ、普通に考えて木が生い茂っていて起伏も激しく岩だらけなので、手を加えなければ山林のままだろうとは思う。役所の判断はわからないけれど。

引き渡しはまだ、数カ月先の予定。
これから売り主さん負担で測量をして土地の線引きをするという。

土地の契約はしたが、今はまだ資金集めの段階なので、夫婦で勤めながら2018年末あたりにBライフに突入しようと考えている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする